大切な人の笑顔を守りたい。
 
 人間も動物も、いちばんの幸せは「大切な人の笑顔」。
 悲しいこと辛いことがあった時、めいっぱい泣いたら、
 さあ一緒に歩きだしましょう。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ペットの遺骨を家に置くと、いつまでも成仏できない? | main | Q.ペットを亡くし家族がショックで塞ぎ込んでいます。 >>
「ペットの遺骨はただのカルシウム。取っておいて意味があるの?」と知人に非難されてしまいました。

JUGEMテーマ:愛犬・愛猫・ペットの供養

 

人間も動物も、骨になってしまえばただのカルシウムの欠片にすぎません。
カルシウムと言い切るなら、遺骨を取っておく意味はないのでは?と思われるかもしれませんが、

大切な家族が亡くなった時の事を想像してみてください。

 

遺骨は物質的な観点からいうと単なるカルシウムですが、それが砂浜に打ち上げられたサンゴでも貝殻でもなく、日々一緒に過ごしてきた家族の体の一部だとしたら…
 

 

他人はいざ知らず家族にとっては当然のように愛おしい「もの」。
幸せな日々に思いを馳せ、愛し愛されている事を実感し、明日への力をもらう「アルバム写真」のような存在です。
そこには霊的な意味はなく、手元供養でいう遺骨は、あくまで生前のペットとの思い出を懐古し、ぬくもりを感じる為の道具という意味あいを持っています。

目に見えない「魂」を近くに感じたいからこそ、唯一目に見える「遺骨」の力を借りる。
それは決しておかしな事ではありません。

 

 


 

 

スポンサーサイト
COMMENT